1. トップ
  2. 事業紹介

事業紹介
●●●●●●●●

企業理念

生活を看て生きづらさに寄り添う

私たちは、障がいにより生きづらさや、生活のしづらさを抱える全ての人に、
真心をもって温もりのある地域生活支援を行う。
私たちは、私たちの真剣な想いに心が開く。
希望が湧き、未来が開かれてると信じている。
私たちは、熱い自覚を持った医療・福祉プロフェッショナルとしての自覚と向上心を絶やさない。
私たちの仕事の価値は、障壁を感じる人たちと夢や幸せを追求し、希望溢れる共生社会に実現のために尽力する。
そして共に成長しながら、この街の医療・福祉の増進に寄与することである。


共同生活援助

障害者自立支援法に規定された社会復帰施設です。生活するための知識や技能がある程度ある方に対し、一定期間住居を提供します。地域生活や社会的自立などの目標に向かって、歩きだせるよう支援することが目的の施設です。サービス管理責任者や世話人などのグループホームのスタッフが、目標の達成に向け支援いたします。


就労継続支援事業B型

就労継続支援事業B型は、一般企業就労が難しい方、離職された方、仕事をすることで社会的自立を目指したい方へ、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業です。活動は事業所内での軽作業・清掃作業・ポスティング等色々な内容のものを用意しています。最初は事業所内での作業が中心となりますが、短時間からの利用も可能であり、利用される方個別に活動内容を検討し支援を行います。



目的

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労(生産活動その他の活動の機会)の機会を通じて、知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の便宜を、適切かつ効果的に行います。

相談支援事業

平成24年4月から、すべての障害のある方を対象に、希望する福祉サービスをご利用の際に、事前に相談支援事業所の相談支援専門員と相談をし、支給決定前のアドバイスや行政へ支給決定の資料として計画書を提出するような仕組みになりました。 当事業所では障害のある方やお子さん、そのご家族が抱える さまざまなお悩みやお困りごとについてご相談をお受けします。また必要な福祉サービス計画を作成します。当事業所では、皆様の声を聞きながら、気軽に相談できる地域の拠点となり、一緒に考え、ご希望にお応えできるよう、それぞれの夢や希望に向き合い、地域の中で誰もが自分らしく、より豊かな生活が送れることを目指しています。


事業内容

一般相談支援

在宅で生活をされる上での困り事(生活、就労、就学、権利擁護など)についてのご相談に応じます。

  • 電話、来所、訪問による相談及び情報提供をします。
  • 福祉サービス等の利用申請の援助をします。
  • サービス提供事業所等のあっせん、利用調整をします。
  • 権利擁護のために必要な支援をします。

サービス等利用計画の作成

障がい福祉サービス又は地域相談支援を利用される人、障がい児通所支援を利用される児童を対象に、
ケアマネジメントによりきめ細かな支援をします。

  • サービス等利用計画(案)を作成し、サービスの利用調整をします。
  • サービス担当者会議を開催し、サービス等利用計画を確定します。

定期的なモニタリングをし、必要があればサービス等利用計画の変更をします。